うつ病の疑いがある場合は専門の医療機関に行き診断を受けましょう

ストレスの種類

医師

うつ病は現代では誰にでもなる可能性があると言われています。それは、ストレスを抱えている人が多くいるからです。うつ病とストレスは密接な関係にあり、ストレスには様々な種類が存在します。ストレスは何らかの刺激によって物が歪むことを指します。それを心や身体に与えられる刺激や不可として指し示すことでストレスと呼ばせるようになりました。ストレスにはいくつか原因があり、ストレスの原因を大きく4つに分けて説明することができます。社会的ストレスですが、会社や学校などの人間関係や仕事や受験に対するプレッシャーなど主に対人関係から生じるストレスを社会的ストレスといいます。まじめで几帳面の方ほど社会的ストレスを感じやすく、その感じているストレスを自分でなんとかしようと頑張ってしまい、その結果心や身体が疲れてしまいうつ病の原因となってしまいます。同じ事柄でも必ずしも周囲の人間と同じようにストレスを感じているわけではありません、人によってストレスの感じ方は異なります。常に自分で物事と解決せず、たまには他人の意見を聞いてみたりするなど気を楽に持つことが必要です。そうすることで、ストレスを吐き出す手段になります。また病院に行き、診断の際に自分の抱えているストレスを話すことで気持ちが楽になるかもしれません。次に心理的ストレスになり、将来の不安からくるものになります。仕事の不安や自信を無くしてしまったりすることで大きくストレスを抱えてしまう場合があります。これらの自分自身の心や感情によるものが心理的ストレスになります。怒りや悲しみといった自分自身の感情を抑制してしまうことも心理ストレスになります。社会に出て自分自身の感情を出す機会はさほどありません。しかし、常に感情を抑え込んでいると体がずっと緊張している状態になります。それが原因で頭痛や腹痛などの症状が生じる場合もあります。ストレスは心にも身体にも良いことは1つとしてないのです。心理的ストレスを溜めないためにも常に自分の感情を出せる環境を作っておくことでストレスを解消することができるのです。その他には、環境的ストレスになります。これは、引っ越しや結婚などで身の回りの環境変化によって生じるストレスになります。以前まで生活を送っていた場所から生活が変わるとその変化に心がついていかなくなります。そのときは環境ストレスを感じているのです。環境が変わることで急激な変化に戸惑いや不安を感じます。その際には、自分自身の周りの環境をもう一度見直すことで少しずつ今の環境に適していくことができるでしょう。そして環境的ストレスを解消することができるでしょう。最後に身体的ストレスになり、がんや脳卒中などの病気を抱えた際に生じる不安からくるストレスです。病気の治療のために使っている薬が脳に影響を及ぼしてしまい、普段以上にストレスを感じてしまうケースがあります。この身体的ストレスは病気の原因で落ち込んでいるなどと誤解されるなど見過ごされがちなストレスです。身体的ストレスの場合、運動をして気分転換をしたり、普段の部屋を整理整頓して気持ちを切り替えることで解消することができるのです。こういったようにストレスには種類があり、そのストレスよって様々な対処方法があります。うつ病の疑いがあるのであれば、精神疾患の診断を行ってくれる病院に行きましょう。その診断でどのストレスでうつ病になっているか分かるかもしれません。精神疾患を専門に扱っている医師であれば診断をすることで必ずストレスの原因を突き止めてくれることでしょう。